シーシャは何歳から吸える?各国との年齢制限の比較も紹介

シーシャ 年齢確認
  • URLをコピーしました!

出先や自宅と、様々なシチュエーションで過ごし方の手段の一つとして浸透しつつあるシーシャ(水タバコ)ですが、今回の記事では何歳から吸えるのか?という疑問に答えつつ、各国との比較に関しても掘り下げて解説しています。

目次

入店時、年齢確認のお願い

シーシャは水タバコとも呼ばれ、煙草同様に20歳未満の喫煙が法律で禁止されています。

そのため、ばんびえん各店舗では入店の際に年齢確認行いますので、公的な身分証明書(健康保険証、住基カード、マイナンバーカード、運転免許証、学生証、パスポート等)をご持参ください。

各国との年齢制限の比較

アルコールに関していえば、日本が20歳以上からの飲酒が可能となっていますが、他の国を見てみると、最短で16歳から飲酒可能な国もあれば21歳にならないといけない国もあるようです。

一方、煙草となると、18歳から喫煙可能となる国が多いようです。

アメリカでは州ごとに法律が設けられているので、各州で18~21歳までの制限となっています。

ユーロ圏の主要な国であるフランス、イタリア、イギリス、ドイツ等では18歳からになっているところが多い印象です。

日本のご近所であるアジア圏では中国や台湾が18歳からなのに対して韓国では19歳から可能と、軒並み日本より若い年齢に設定されている所が多いですね。

世界規模で見てみると喫煙や飲酒に関して18歳から喫煙可能とされている国がほとんどのようですが、厳密にいえば煙草の購入に関しての年齢制限が設けられていて、一定の年齢になると購入可能になるようです。

対して、日本では喫煙そのものを禁止する法律となっているので、購入以外の手段で煙草を入手しても喫煙できないようになっています。

海外に滞在する際にはその国の法律が適応されることになるので、日本に訪れた際には日本の法律に基づいて、20歳未満の喫煙や飲酒は禁止されることになります。

このように飲酒・喫煙に関しての法律は国別に違うので、海外に渡る際には、その国の法律を調べておくと、トラブルを未然に防げるのでおススメです!

あわせて読みたい
家シーシャを簡単に始めよう!必要な器材と作り方の説明 当記事では、自宅でシーシャを始めるにあたり必要な器材の紹介と使い方を画像も交え説明していきます。 自宅での娯楽の重要性が上がってきた中で、シーシャに興味を持っ...
シーシャ 年齢確認

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる